子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長を参考に。身長を伸ばすサプリメントの比較も。

子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長 ママをサポート

身長伸ばす

子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌を促進させることがポイント

投稿日:

我が子の伸長が、同年代の友だちと比べて低いと悩んでいる親は少なくありません。

身長が低いことを気にして、毎日悩んでおり子供も多くいます。

子供の伸長の高さは、親からの遺伝だと諦めている人が多いのが特徴です。

しかし、遺伝だけで大人までに伸びる高さが決まってしまうわけではありません。

子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌を促進させることがポイントです。

脳下垂体から成長ホルモンは分泌されるのが特徴で、骨の成長を促し伸ばしていくのが特徴になります。

甲状腺ホルモンの分泌も、身長を伸ばすためには活発にさせることがポイントです。

成長ホルモンの分泌を盛んにさせるためには、生活習慣の見直しがポイントになります。

子供が運動不足気味の状態では、成長ホルモンの分泌を増やすことはできません。

分泌を盛んにさせるためには適度な運動が必要で、毎日続けていくことで増やすことを期待することが可能です。

部屋の中でゲームなどばかりしていては、運動不足になり身長を伸ばすことが期待できません。

外で遊ぶことは運動不足の解消と同時に、骨の成長に必要なビタミンDを作る働きを促進することが可能です。

子供 身長 伸ばす

食事の量が増え、身長を伸ばすために必要な栄養を十分に摂取できることもポイントになります。

十分な睡眠時間を確保することも、子供の身長を伸ばすためには必要です。

眠りについてから約2時間から3時間の間に、成長ホルモンが多く分泌されています。

寝不足の状態では成長ホルモンの分泌が減少してしまうので、身長を伸ばすことを期待することができません。

バランスの取れた食生活を心がけるのも、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌を促進させる重要なポイントです。

お菓子や好きなものばかり食べていては、成長に必要となる栄養素を十分に摂取することができません。好き嫌いのないバランスの取れた食事をすることも、子供の身長を伸ばすためには必要です。摂取しにくい栄養素などは、サプリメントなどを利用すると補いやすくなります。

子供の身長を伸ばしていくためには、成長ホルモンの分泌を促していくことが大切です。脳下垂体から分泌される成長ホルモンは、子供の骨の成長に作用して身長を伸ばす手助けをしてくれます。分泌を促す重要な要素としては、食事と運動、睡眠の3つがあります。これらを意識して日常生活を送っていくことで、身長を伸ばす助けになるでしょう。それでは、具体的にどのようなことに気を付ければ良いのかを見ていきます。


まずは「食事」です。栄養バランスは子供だけでなく人間にとってとても大事なものです。五大栄養素と言われているたんぱく質、脂質、糖質、ミネラルとビタミンをバランスよく獲る食事を心がけましょう。必要な栄養素だからといって、同じものを過剰に摂取するのは良くありません。いきなり色々な物を食べることは難しいですが、献立を作る際に少し意識するだけでも変わっていくものです。
身長を伸ばすためにはほどよい「運動」をすることも重要になってきます。運動には有酸素と無酸素で行うものがありますが、どちらでも成長ホルモンは分泌されます。それぞれに良い効果がありますから組み合わせて進めていくと良いです。有酸素運動にはジョギングや水泳、サイクリングなど野外で行うものが中心で、無酸素運動には腕立て伏せや腹筋、スクワットなど室内でもできるものが多くあります。
寝る子は育つと昔から言われているように、「睡眠」も子供の成長に欠かせないものになっています。昼間に適度な運動をして疲労感を得ることで、質の良い睡眠が取れるようになります。外で運動をすれば日光を浴びてカルシウムの吸収に必要なビタミンDも分泌されますし、良いこと尽くめです。子供のためにも夜更かしはさせないようにしましょう。スマートフォンなどを寝る前に見ていると、ブルーライトの影響で睡眠が浅くなったりすることがあります。電子機器を夜に触るようなことは減らし、正しい生活習慣を持って毎日を過ごすことが大切です。

-身長伸ばす

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長 ママをサポート , 2018 All Rights Reserved.