子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長を参考に。身長を伸ばすサプリメントの比較も。

子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長 ママをサポート

身長伸ばす

子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が重要

更新日:

子供がすくすくと育って欲しいと思うとき、身長も伸びたほうが何かと便利なことが多いので手助けしたいものです。では子供が身長を伸ばすためにどうすればよいのかというと、必要になるのはふたつの要素です。

ひとつめは、成長を促してくれる成長ホルモンを増やすことです。成長ホルモンは脳下垂体から分泌されるホルモンのことで、子供の軟骨を作り骨を伸ばす役割があります。身長というのは骨の長さに応じて変化していきます。成長ホルモンは寝てからおよそ2時間くらいで大量に分泌されるので、「寝る子は育つ」という言葉はでたらめな格言ではないのです。よく成長期になると、成長痛に悩まされることがあります。それは骨が成長ホルモンの働きで伸びるけれども周囲にある筋肉や靭帯などは伸びる前の骨に合わせてついているからです。つまり、骨が伸びていくに従って、筋肉や靭帯は無理矢理に引っ張られてしまい痛みが出てしまいます。

成長ホルモンを増やしたいのであれば、夜更かしなどはせずに熟睡できるように心がけることです。スマートフォンやゲーム機で遊ばせていると、寝ているつもりでも脳が覚醒して成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。それから適度な運動も必要です。しかもただの運動ではなく筋トレのように負荷の高い運動をさせれば筋肉の修復をするために成長ホルモンの分泌が行われます。

もう一つはカルシウムです。成長ホルモンが骨を伸ばすから身長も伸びるわけですが、骨を作るための材料がなければだめです。一般的にカルシウムと言うと牛乳やチーズのような乳製品を想像するでしょうが、その中にはリン酸塩というカルシウムの吸収を邪魔してしまう成分が入っています。ですから別の方法でかるスイムを摂取するのが理想的です。例えば小魚を骨ごと食べたり、豆腐や納豆と行った大豆製品、海藻などが良いでしょう。また骨を作るためにはカルシウムと一緒にビタミンDやマグネシウムといった栄養も必要になります。ビタミンDはきのこ類や魚に多く含まれているので、献立を考えるときにはそれらの栄養バランスにも配慮しておきましょう。

子供の身長について悩んでいる親御さんは多いです。周りの子供に比べて小柄で身長が低いので不安になったり、普段の食生活や生活習慣に問題やあるのではないか。身長の低い自分たちの遺伝子が遺伝してしまったのではないか、筋肉や骨などの病気が原因なのかも、など悩みはさまざまです。

しかし子供の身長を伸ばすためには具体的に何をすればいいのか分からなく、本当かどうか分からないうわさ話を試して悪影響が出てしまっては困ります。そんな親御さんの悩みを解決する手助けできる情報をお教えします。

子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が重要となります。日常生活において成長ホルモンの分泌を促すための方法は、バランスの良い栄養豊富な食事、適度な運動、しっかりとした睡眠の3点です。

子供の身長を伸ばすためにバランスの良い食事は欠かせませんが、バランスが悪い理由として肉ばかりを食べて野菜を取らなかったりファストフードなどの外食で済ませてしまうことがあげられます。その場合はまず食生活の改善から始めなくてはなりません。バランスの良い食事に大切なものが、五大栄養素とよばれるビタミン、ミネラル、脂質、糖質、たんぱく質です。これらを必要な分だけ摂取することが重要です。

適度な運動も成長ホルモンの分泌に良い影響をもたらします。ジョギングや水泳などの有酸素運動、短距離走や筋トレなどの無酸素運動、このどちらの運動も効果があります。適度な運動等のが重要で、無理にやらせすぎると身長を伸ばすための栄養が疲労回復にあてられて効果が得られにくくなるので注意が必要です。

子供が睡眠している間に成長ホルモンは最も分泌されます。規則正しい生活を心がけ、毎日きちんと睡眠をとる必要があります。前述した適度な運動は、体を疲労させるため良質な睡眠へとつながります。夜更かしばかりしていると睡眠時間がたりなくなり、子供の身長を伸ばせなくなるだけでなく、注意力が散漫になったり慢性的な疲労を感じたりします。

 

子供 身長 伸ばす

-身長伸ばす

Copyright© 子供の身長を伸ばす方法 学年別平均身長 ママをサポート , 2018 All Rights Reserved.